チェンバロお稽古日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独立したのは

そもそも、2002年ごろ、妹がマンション買って独立したのが始まり。
妹はずぅっと同じ会社で勤め続けていたので、貯金もそこそこ貯まっていたみたい。
(家族でお金の話はほとんどしないので、全くわからないのだけれど)

私は93年に前の会社を辞め、2年間のぷー太郎生活を経て96年から今の会社に入った。
そんなわけで、妹よりも貯金額も少なく(ってか、むしろ稼いだ分を使う人だっていうのもある)、上げ膳据え膳の実家が楽チンでずぅっとぼんやりとした生活を送っていた。
(一応、家には毎月居候代は払っていたけれど)
それは、父がリタイアし、年金生活を送り始めてからも続く。

ある日、母が『あんた、これからどうするの?』
と宣った。
妹も独立したのに私は実家でのほほんとしているのに危惧を覚えたらしい。
その前から実は一人暮らし出来ないよなぁ、でも一人暮らししたいよなぁ、と賃貸のwebや、新築マンションのwebをつらつらを眺めてはいたので、『独立は考えている』と答えてみた。

でも、まだまだ夢のまた夢。だって、自分の給料で、8万も9万も家賃は払えないし。
と思っていたら、勤めている会社のグループ会社がかかわっている新築マンションのお知らせがメールに入った。
まず、場所が私には気に入ったポイントのひとつ。

1.埋立地ではないこと
2.会社から実家までの道中の途中にあること

この、私には出来れば外せないポイント2つがドンピシャリ、とはまったのだ。

それから、値段。
何とか私にも払えそうな(ローンを借りられそうな)、手が届きそうな値段だった。

唯一、気になるところは、マンションの目の前(数十メートル先だけれど)に電力会社の変電所と鉄塔があること。
でも、とりあえず、前向き検討、ということで両親に相談してみた。

とりあえず、つづく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yukocarpet.blog46.fc2.com/tb.php/10-ce94f2dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。